予約コールセンター 046-234-6529・代表番号 046-233-1311予約コールセンター 046-234-6529・代表番号 046-233-1311

  • ホーム
  • 交通・アクセス
  • 海老名総合病院のサイト

センターについて

  1. HOME
  2. センターについて

海老名総合病院について

海老名総合病院

海老名総合病院は昭和58年(1983年)9月に開院以来、皆さまからのご支援をいただき地域医療に努めてまいりました。

これまでは病気の発見から治療、社会復帰までのすべてを病院が担当することが多かったのですが、我国の医療政策や社会情勢の変化の中で、病院の果たす役割も大きく変わってきました。

センターの特徴と方針

外来〜入院〜退院後まで一貫したサポート体制

ナースステーション

1階の外来と2階の病棟が連携していることで、妊婦さんは外来の健診から入院・分娩・退院後の健診・育児支援まで継続したスタッフの看護を受けることができます。婦人科疾患の患者さんにとっても、外来・病棟を同じ部署で担当することで情報の共有がスムーズに行えます。このことは「より安心できる看護の継続性が高まる」というメリットがあります。

夜間休日の救急対応も24時間365日当センタースタッフで対応しています。

母子同室

個室

分娩後は個室での完全母子同室を産後1日目から行っています。病室でご家族みなさんが赤ちゃんを抱っこすることができ、新しい家族を迎えられるような環境を整えています。

母乳育児の推進

母乳育児推進のための支援を提供しています。産後のお母さんと赤ちゃんの健康と安全な育児環境を考え、小児科医とも連携し適切な児の栄養管理を行うために母子チームで情報を共有しながらお母さんへの支援を実践しています。
また、退院後も母乳外来などで育児支援ができるようにサポート体制を整えています。

婦人科疾患患者さんへの対応

女性特有の疾患(子宮筋腫・卵巣嚢腫・子宮や卵巣のがん)を抱える患者さんは家庭での役割機能が担えず、家族に申し訳ないと感じながら治療を受けている方もいらっしゃいます。安心して治療が受けられるように患者さんの思いに寄り添い心のケアも実践しています。手術を終えた患者さんには、よく聞かれる事や聞きづらいと思うような質問についてパンフレットを使って説明しています。家庭の主婦は退院後から自宅での家事が待っている場合もありますが、決して無理をしないようにご家族にもご理解いただけるような退院指導を行いたいと思っています。

センター長あいさつ

センター長

みなさま、こんにちは。
海老名総合病院マタニティセンター長の磯﨑です。

海老名総合病院マタニティセンターには約15年前から6年間勤務しておりました。今回で2度目の勤務となり、懐かしさも一塩です。
当時、マタニティセンター新館が建設され、図面をみながら胸おどらせ、計画に参加させていただいたのが、昨日のことのように思い出されます。
再びご縁あって、海老名総合病院マタニティセンターに勤務することができ、深く感謝し御礼申し上げます。
私は、日本医科大学病院産婦人科に入局し、先輩医師に恵まれ、産婦人科医師として約30年間研譛して参りました。
積極的に技術を学び、“お産の極意”“婦人科良性・悪性腫瘍の手術・治療”“絨毛性疾患の研究・診療・治療”に熱意を注いで、皆様のお役にたてる医師をめざし、今日にいたっております。
葛飾日赤産院勤務しておりました頃、”自然に産む大切さ”を徹底的に学び、その後、幸運にも今まで約2万件以上の出産に立ち会って参りました。

正直、最近の産婦人科領域での変容ぶりにとまどいを感じながらも、私は「赤ちゃん、お母さんのことを第一に考え、安易に帝王切開をすすめることなく、自然の摂理を大切にしたお産」のサポートができればと考えております。
心から、笑顔で「おめでとう」と新しい命の誕生にたちあえる喜びを皆様と共に分かち合えることが、他科の医師には味わえない産婦人科医師の醍醐味と考えております。

この度、体制も一新しました。スタッフと共に皆様と信頼関係を結びあえる、笑顔あふれる環境づくりを目指したいと思っております。

女性の一生のライフスタイルをサポートし、みなさまの健康で心豊かな生活のお手伝いができますよう努力して参ります。どうぞよろしくお願い致します。

担当医紹介(海老名総合病院サイトへ)

診察時間046-234-6429

まずはお気軽にお問い合わせください046-234-6429

海老名総合病院で出産するメリット

  • 総合病院という安心な環境
  • 分娩実績が豊富
  • 産後1日目から母子同室の個室
  • 病院食とは異なった特別な食事
  • 費用はおよそ55万円〜

無痛分娩で出産したママ達からの声